読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moflのリア充への道

恋愛・仕事・ゲーム・アニメのブログ

最近見たアニメ

批評 アニメ

落第騎士の英雄譚(キャバルリィ)

2015年10月期開始

魔導騎士学園に通う落ちこぼれの主人公が、才能を開花させながら強い生徒をどんどん倒していくバトルありのラブコメ作品。

設定は魔法科高校の劣等生に似た、落ちこぼれに見えて実は優秀な主人公というパターン。妹を含めた周りの女子生徒がどんどん主人公に惹かれていくハーレムラブコメな点もそっくり。但し、ヒロインとのラブコメシーンはかなり古臭い演出で、どこか聖剣使いの禁呪詠唱(ワールドブレイク)を思い出す。そう言えばタイトルの感じも似ている。ワールドブレイクとの違いは、ラブコメシーンがやたらエロい点。

ただ、この作品はバトルがかなり面白いので、正直、エロもラブコメも邪魔でしかない。

バトルシーンは、各生徒が特殊能力を持っており、相性などで勝負に優劣がつくなど、うまく出来ている。

また、かなり強い能力者である倉敷でも魔導大会ベスト8。学園最強の東堂でも魔導大会ベスト4と、まだ見ぬ猛者をチラつかせて、期待を煽るのがうまい。

こうしたバトル漫画の王道要素をしっかり抑えているので、ラブコメはもうちょっとライトなもので良かったように思う。

終盤になって、主人公が囚われてから、なぜか画面が白黒になり、演出が急に変わったのがかなり不自然だった。制作費が足りなくなったのだろうか。そこが残念なところ。ラストの東堂戦が開始早々一刀修羅で終わったのも、制作費が足りなかったのかと疑いたくなる。これらマイナスを差し引いて評価はB。

 

評価:B(能力者同士の見応えのあるバトル、バトル漫画の王道要素)

最近見たアニメ

批評 アニメ

ギャングスタ

2015年7月期開始

物語のキーは「トワイライツ」と呼ばれる身体能力の高い人間たち。生まれながらにして短命で、かつ、身体になにかしらの障害を持つ彼らが、マフィアの仕切る街で大きな抗争へ巻き込まれていくバトルファンタジー。

主人公の一人であるニコラスは耳が不自由で、その影響か、あまりうまく話せない。

無論、トワイライツの特徴なのだが、そもそも、言葉をうまく話せない障害者がアニメの主人公というのは初めて見た気がする。

ストーリー序盤はニコラスが仕事でマフィアをどんどんやっつけていく爽快感のある内容。そこから徐々に「タグ」の秘密が明らかになっていき、色んなキャラクターが登場する。「タグ」はトワイライツの序列であり、序列はバトル漫画の王道要素。これがあるだけで、どんどん強い敵が出てくるワクワク感がある。

終盤はかなり強い敵が現れ、バトルシーンの見応えが増す。そして、ノーマルでありながらトワイライツと互角に戦うマルコの登場で一気に引き込まれる。

戦い方がカッコよく、声やキャラクターもかなり良い。トーキョーグールに出てきそうな雰囲気のキャラだ。

そして、終盤のマフィアの抗争は全く先が読めず、どうなるんだろうと思いながら見ていると、戦いの真っ只中で最終話が終了。第二期に続くような演出もなかった。

途中で終わるのは時間の尺的にしょうがないのだろうが、1クールのアニメはこういうとき、オリジナルストーリーに差し替えてでも最終話で終わるように調整してくるのが一般的。敢えてそうせずに中途半端で終わったのは、クオリティの高い原作をそのまま表現した結果なのかも知れない。とにかく、続きを原作で見たい作品。

 

評価:A(障害者を主人公にしたアイデア、ストーリー引き込み、王道要素、バトルシーン、マルコのキャラクター)

最近見たアニメ

批評 アニメ

Classroom Crisis

2015年7月期開始

ロケット開発部署ATECに勤める学生たちが部署存続の危機に立たされながらも夢を追うために奮闘する、ちょっと変わった労働学園ファンタジー。

GATEと同じく、第一話はイマイチだった。

いきなり転校生が誘拐され、助けに行ったら「助ける必要はなかった。経費の無駄遣いだ!」と怒られ、しかも転校生が企業の部長だったというハチャメチャな内容。

第一話がハチャメチャな内容なの流行ってるのか?

この物語の見どころは、学生たちを嫌うナギサが徐々に心変わりしていく様と、ナギサが企業の上層部相手に昇進をかけて、アツイかけひきのバトルを繰り広げるところ。この2点につきる。

白崎イリスの過去や伏線も気にはなったが、この2点だけでも十分面白いので、正直あまりいらなかった。

また、ミズキがナギサに惹かれるのは良いとして、ナギサは全然なついてないのに、泣きついてキスするのはどう見ても不自然。正直見ていてイライラした。ミズキがチャラい印象にさえ思える。ラブコメ要素を入れたかったのかも知れないが、完全に作品の邪魔になっている。

最後に霧羽の親父が電話をかけてきたが、まだ出番はないようなので原作の伏線だろうか。そこが少し気になったが、原作を見たいほど引き込まれなかったというのが正直なところだ。

マイナス要因がなく、ストーリーの引き込みがもうちょっと強ければA評価だっただけに残念。

評価:B(ナギサの心境の変化、上層部VSナギサのバトル)

最近見たアニメ

批評 アニメ

GATE 自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり

2015年7月期開始

突然現れた門によって異世界への行き来が出来るようになった日本は、異世界へ自衛隊を派遣し、国家と和平交渉を進める。だが、言葉の壁や、モンスターとの戦闘、戦争に巻き込まれ、なかなか思うように進まない。だが、主人公伊丹は、現地民と打ち解けるのが早く、徐々に周囲の心は変化していく。

 

第一話を見た時は正直くだらないと思った。オタクなおっさんが、異世界からモンスターが現れた途端に、正義感ぶって活躍し、いきなり軍に入って昇進して、異世界へ派遣されるといったハチャメチャな内容。

なんだかついていけないし、異世界も変わらない風景で、ハズレなアニメだと思った。

で、他のアニメを優先して見始めたわけだが、それらのアニメを見終わって、再びこのアニメの続きを見始める。

 

まあつまらないとは言ったが、異世界の全貌がまだ見えていなかったので、可能性はあると思っていた。

そして、その予想は当たり、第二話の終わりでエルフが出てきたあたりから徐々に面白くなってくる。

テュカ、レレイ、ロゥリィが揃ったあたりからラノベらしい展開になり、異世界人が日本に来てカルチャーショックを受けるという王道展開。さらに、その後の国会答弁のシーンがかなり良かった。レレイの「不自由が自由でないと言う意味なら、人は生まれながらにして自由だ」という解釈には笑った。また、ロゥリィが日本語が喋れないフリをしつつ、いきなり日本語で政治家をダメ出しするシーンは見てて気持ち良かった。

その後、異世界へ戻り、言葉の壁がなくなってきたあたりからストーリーの引き込みが加速していく。

ラストは非常に中途半端な状態で終わるが、まさかの分割2クールであることが判明し、心踊る。

2クール目は録画していなかったので、ネットのお世話に。

2クール目に入っても面白さは変わらず、常に続きが気になるストーリーで最後まで一気に見てしまった。

第一話が嘘のような出来の良い作品。あそこで見限らず、見続けて良かった。

原作の小説はまだ続いているようなのでぜひ続きを見たい作品。

 

評価:A(ストーリー引き込み、異世界王道要素、主人公ヒーロー要素)

最近見たアニメ

批評 アニメ

空戦魔導士候補生の教官

2015年7月期開始

空戦魔導士学校の落ちこぼれ3人の担当になったカナタ・エイジが、落ちこぼれ3人を一人前の魔道士に教育していくサクセスストーリー。

物語は大量の魔甲蟲と戦うシーンから始まるが、絶体絶命のピンチになり、そこからどう脱出したのかを描かず、平和な日常シーンへと切り替わる。

日常シーンでは、落ちこぼれ3人とカナタの出会いシーンから始まるのだが、ラブコメ王道要素をしっかり抑えた面白い内容となっており、第一話の導入としては十分なインパクトとクオリティがある。

キャラクターもなかなかで、レクティとリコはラブコメの登場キャラとしては久々に見応えのある萌えキャラだった。もし、今自分が中学生だったらアニメイトに行ってグッズを買っていたことだろう。

グラフィックや音楽も洗練されていて、ソードアート・オンライン魔法科高校の劣等生など、ラノベのビッグタイトルを思わせるような綺麗さを感じた。

調べてみると原作はやはりラノベ。しかし、作者の諸星悠は他に有名なタイトルを手がけているわけではなく、本作品がデビュー作。デビュー作での内容のクオリティが高いことも賞賛だが、アニメ化に力が入っているあたり、かなり売れた作品なのかも知れない。

評価:A(ストーリー引き込み、サクセスストーリー要素、萌えキャラ、グラフィック・音楽などのアニメのクオリティ)

最近見たアニメ

批評 アニメ

ケイオスドラゴン

2015年7月期開始

剣に宿るドラゴンの力を得た主人公は、大切な人の命を捧げることで、狙った相手を確実に殺せる能力を手に入れる。

 

あらすじは、正直よく分からない。毎話、冒頭で説明があるのだが、イマイチ頭に入ってこない。

凶悪とも言えるドラゴンの力に翻弄されつつも、大切な人の命を失うことを拒否する優しい主人公の設定は良いのだが、結局力に翻弄されて殺し続けるダークストーリーになっている点は正直どうなのか。また、ストーリーにも引き込まれる要素がないため、6話まで見て挫折。久々に最後まで見れない作品だった。

 

調べてみると、本作品はロールプレイングフィクションという特殊な手法で描かれた作品らしい。アクションRPGっぽいストーリーなのでてっきりゲームのアニメ化作品かと思ったが少し違うようだ。

とは言え、ゲームのアニメ化作品である「ブレイドアンドソウル」と雰囲気は似ていて、ストーリーの描き方や設定、キャラクター同士の関係性、伏線など、視聴者を引き込む王道要素に欠けている。

艦隊これくしょんのアニメもそうだが、やはりゲームのアニメ化は無理があるように思える。調べたところなかなか歴史のある作品のようだが、本手法に需要があるのか、個人的には疑問である。

今後は、ハズレの確立が高いゲームのアニメ化作品や、本手法で描くアニメ作品は見ないようにするつもりだ。

 

評価:C(王道要素欠落)

 

攻殻機動隊ALISE

まず、あらすじは割愛。

アニメはいつもスマホでソシャゲをやる傍らで見ている。他のアニメも全てそう。座ってテレビだけを30分見続けることはない。

ただそんないい加減な見方でも、音声、チラチラ目を送ったときに見る映像、音声から気になって見た映像などで、引き込まれる作品は十分引き込まれ、気付けばスマホをいじる手を止め、映像に釘付けになっている。

これが良いアニメ。そして、自分が選別しているとは言え、ここ数年見ているアニメはほとんどが良作と言える。

 

で、ようやく本作品の話をするわけだが、本作品の第一話を見たとき、スマホをいじる傍らで見ていて、なにも頭に入ってこなかった。原因はストーリーが複雑だからだと思う。そして、一応、その状態で4話程見続けた。見続けることで段々とストーリーやキャラクターが理解出来てくると思ったからだ。しかし、驚いたことに、4話見てもなお、ストーリーどころか、キャラクターの関係性すら頭に入ってこなかった。

そこでしばらく見るのをやめていた。

もうつまらないのでこのまま消してしまおうかと思ったが、一応かなりのビックタイトルなので、もう一度第一話を見直すことにした。

それも、スマホをいじることなく、テレビに30分間釘付けの状態で。

その結果、やっぱりストーリーはよく分からなかった。

銃で撃ちあっているが誰が敵で誰が見方なのか分からない。

事件が起きた原因も戦う理由も分からない。

急に出てきたハロのようなロボットが何なのか分からない。

要するに、出てくるものすべてについて、なんの説明もないし、映像を見るだけで理解出来るように作られていない。

恐らくは、攻殻機動隊シリーズを通して見ているユーザ向けの作品なのだろう。

さすがのビックタイトルなだけあって映像はかなり綺麗だったが、中身についてはガッガリだった。新規を切り捨てている作者の自己満足作品など、はっきり言ってなんの興味もない。

 

番組説明を見て初めて分かるのは、主人公がサイボーグで、優秀なハッカーであること。

そして、wikiを見てようやく作品の背景が分かった。本作品は、過去に放映された映画4作をそれぞれ30分に分割したものに、新規エピソード(2話)を加えた全10話だということ。

映画で新規を切り捨てる内容となれば、もはやどうしようもない。

 

評価:C(問題外)

最近見たアニメ

批評 アニメ

シャーロット

2015年7月期開始

ちょっとした特殊能力を持つ生徒たちがトラブルを解決していく学園ファンタジー。

登場人物は美少女キャラクターで、主人公が特殊能力で人気者になったり女子にモテたりと、ハーレムラブコメ系のラノベが原作なんだろうなという印象だが、実はオリジナルアニメ作品だったりする。

序盤は、特殊能力という王道を抑えつつ、ラノベ系のストーリー展開で、ほのぼの楽しく見れる作品という印象だった。インパクトこそ大きくはないが、序盤で退屈するようなことはない誰にでも見やすい作品と言える。

しかし、6話で妹が事故に巻き込まれたところで終了。急に続きが見たくなり、続きを見始めると止まらなくなる。

主人公が妹を失ったショックを描くシーンが妙にリアルで、「これからどうやっていきていけば良いんだろう」と、気付けば主人公に感情移入して自分も同じように考えていた。作品に引き込まれている証拠である。

主人公が落ちて堕落していくシーンも他のアニメにはなかなかない展開で、能力を悪用してエスカレートしていくシーンはかなり見応えあり。

そして、日常生活に復帰したと思いきや、今度は主人公の過去の秘密が明かされる展開に。主人公の能力の秘密と過去の回想シーンが始まり、9話から更に物語に引き込まれていく。

正直、ここまで深く物語に引き込まれたのは初めてかも知れない。そう思う程、インパクトが強いストーリーだった。ラストの描き方も素晴らしく、文句のつけようもない完璧な内容だった。

見る人の心を掴み、作品に引き込むストーリーと、その演出はトップクラス。

こんなに完成度の高い作品はそうそうないので、評価はブログ始まって以来初のSランクとする。

後半は普通に実写映画化しても高評価になる内容だと思う。

 

評価:S(完成度の高さ、その他根拠は文中で述べた通り)

 

六花の勇者

 2015年7月期開始

魔神を倒すために選ばれた6人の勇者たちが、凶魔と呼ばれる敵をやっつけていくアクションファンタジー作品。

・・・と、思いきや、集まった勇者は7人で、戦いそっちのけで偽者探しが始まるサスペンスファンタジー。

 

第一話は主人公が痛過ぎてよく分からないアニメという印象。最後まで見るか不安なレベル。第二話以降は多少マシにはなったものの、特に惹かれる要素もなく、退屈なストーリーが続き、サスペンスが始まる第4話の終わりまでは正直退屈な内容だった。

しかし、サスペンスが始まると、絶対に解けない密室トリックや、主人公アドレッドと他6人の勇者の壮絶なかけひきが始まり、一気に作品に引き込まれる。

こういう作品は大抵一番怪しくないやつが犯人というのがセオリーだと分かっていたものの、それでも思わず驚いてしまうくらい、ネタばらしの解決編は見事な演出だった。

そして、犯人が逃げ、追う準備を進めたところで最終話が終了。

調べたところ、6巻ある原作のうち、アニメは1巻までの内容。続きが気になるので原作で見てみたい作品。評価はBにしようか迷ってのA。前半の4話にもうちょっと引きつける要素があれば良かったのだが、後半の盛り上げからラストの描き方を評価してのギリギリAとした。

 

評価:A(主にサスペンス要素、その他根拠は文中で述べた通り)