読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moflのリア充への道

恋愛・仕事・ゲーム・アニメのブログ

最近見たアニメ

崖の上のポニョ

 

ずっと録画しておいて後回しになっていた作品だったがようやく視聴。言わずもがな宮﨑駿のジブリ作品。

確か以前派遣で働いていた頃、会社の人と飲んだ帰りのカラオケで、会社の人が歌っていた気がする。そんなわけで、作品こそ見ていなかったが、歌だけは知っていた。

思い返せば放映当時、街なかでも結構この曲が流れていた気がする。

しかしながら作中ではエンディングテーマでしか使われていなかったのは意外だった。

始まりは海の中で、不思議な格好をした男が、なにかを研究しているような、そんな不思議な雰囲気からの始まり。洗練されたような宮崎風の絵のタッチも相まって、冒頭からいきなり興味をそそられる。こういった世界観への引き込みは重要。

ストーリーは終始、先の読めない展開。ラストはポニョとのお別れを想像していたが、ポニョが人間になるというまさかのハッピーエンドに驚かされる。

主人公がポニョにキスをするのかと思いきや、魚のポニョが急に高くジャンプして、着地と同時にキスをし、その瞬間に幕を閉じるという演出が、個人的には裏切られたような、もうちょっとしっかり描いて欲しかった気もするが、監督の意図した味のある演出なのだろう。

 

アニメをたくさん見るようになり、舌が肥えてきた今、宮崎アニメを見てどう感じるのか。そんな考えて見てみたが、感想は子供の頃に魔女の宅急便となりのトトロを見たときとあまり変わらず、充実感のある印象だった。

分析して言えば、透明感というべきか、洗練された絵のタッチと作りこまれたストーリーおよび演出による、作中への引き込みが強烈なんだと思う。見た後に、とても気持ちの良さが残る、そんな作品だった。恐らくは老若男女どの層にも支持される、そういう演出力なのだと思う。

風立ちぬ猫の恩返しなど、まだまだ見ていないジブリ作品は多数あるので、近いうちに見たいと思う。

評価:A(これぞ宮崎ブランドとも言うべき圧倒的な引き込み力と後味の良さ)