読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moflのリア充への道

恋愛・仕事・ゲーム・アニメのブログ

最近見たアニメ

批評 アニメ

さて、しばらくブログ書いていなかったのと、前に見た作品で書き忘れていた作品もあったので、まとめて感想を。

 

電波教師

突如ニートだった鑑が教師となって、生徒のトラブルを解決していく物語。

ニートの能力をフルに発揮した癖のあるやり方でトラブルを解決していく様は、見ていて面白い。イメージ的には青春ラブコメの主人公に似ているが、熱血教師体質で正義感のある明るい一面も持つ。声優の神谷明がよく似合う。

絵は全体的に手抜き感が否めないが、ストーリーはさすが少年誌だけあってしっかりしている。

理事長や生徒会長のキャラは濃いものの、それ以降の登場キャラはそこまでインパクトがなかったのが残念。但し、兄思いの妹が可愛いのは良かった。

評価:B(ストーリー引き込み、サクセスストーリー要素)

 

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか

ソロでダンジョンに潜っていた平凡なプレイヤー「ベル」が、ある事件をきっかけに物凄いスピードで成長していく、どこかSAOに似たMMORPG風の物語。

見どころはやはり主人公が成長していくサクセス・ストーリー。どんどんレベルを上げて強い敵を倒していく様は見ていて爽快。成長速度がチート的に早いので周りのプレイヤーが驚いている様が見ていて面白い。パートナーであるリリに騙されても最後まで決して疑わない純粋さも、少年誌の主人公っぽくて個人的には好き。

リリと神様が主人公を取り合ったりと、ラノベらしいラブコメ要素もしっかりしていて、かつ、ダンジョン攻略シーンとラブコメがとのバランスがちょうど良い。

SAOもそうだが、こういうダンジョン攻略系の作品はまるで自身でゲームをしているような感覚になれるのが心地良い。

ただ、どうしてもSAOと比較してしまうので評価はAに近いB。

評価:B(ストーリー引き込み、サクセス・ストーリー要素、ラブコメ要素)

 

長門有希ちゃんの消失

アニメファンなら誰もが知ってる「涼宮ハルヒの憂鬱」の番外編。涼宮ハルヒの憂鬱エンドレスエイトの強烈なインパクトが印象的であるストイックな作品だっただけに、番外編もかなり期待。

長門有希涼宮ハルヒの憂鬱でもなかなか良いキャラクターだったので、彼女が主人公というのもかなり面白そうだと思ったのだが、いざ見てみるとキャラが180度違う。

まあ番外編なので変えたのかなーと思いつつ、そのまま見ていたが、序盤はかなりのグダグダっぷりで正直、飽きる。

しかし、中盤以降は主人公のキャラチェンの理由が明らかになり、物語へ徐々に引き込まれていく。序盤グダグダだったのも、この秘密を際立たせるための、敢えての演出かとさえ思える。ラストは感動要素もあり、前半で見るのを止めなくて本当に良かった。

 評価は文句なしのA。涼宮ハルヒの憂鬱の番外編だけあった。

評価:A(ストーリー引き込み、長門の秘密に関わる設定や演出、終盤の盛り上げ構成)

 

長くなってきたので続きは次の記事で。