読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moflのリア充への道

恋愛・仕事・ゲーム・アニメのブログ

白鍵攻略3

今回は初めて新宿会場へ参加。土曜日昼間の20代中心のパーティだ。いつも当日予約しようとして人数調整で弾かれていたのだが、前日予約でようやく参加することが出来た。

新宿会場は広いと思っていたが、ブースで仕切られているパーティだったためか、狭い部屋だった。人数は10対10くらい。そりゃすぐに予約が埋まるはずである。
 
自己紹介は、前回同様、軽くジャブを打ってから間を作って相手に突っ込ませる形式。田中みな実は相変わらずだが、今回はkarafinaに二人突っ込まれた。
ただ他は反応なかったので、少々インパクトが弱い印象。もうちょっと工夫する必要がある。 
最近思うのだが、女の趣味にジムが多い。そこは共通点として突っ込むようにしているが、月並みな会話しかしてないので、盛り上がるネタを用意する。
ちなみに、karafinaに突っ込んで来たうちの一人はアニオタだったのでオタトークで盛り上がれた。これは作戦通り。やはりニッチなキーワードを散りばめておくメリットはある。
第一印象は、共通点のあったkarafina二人と、話しやすかったテンション高い女を指名。
フリータイム前半は、まずkarafina二人を回り、テンション高い女は人気だったので、適当に空いている女へ声をかけた。
そして、指名結果が配布され、確認してみると一位指名が1件のみ。相変わらず悪い。
ちなみに指名されたのはアニオタ。前回一位指名されたのはアトピーのランクCだったのでげんなりしたが、今回は、ランクBの可愛い子であり、かつ、自分も一位指名していたので、正直、テンションが上がる。
後半のフリータイムはスタッフに行き先が決められている初めての形式だった。正直、指名がもらえない状態では全く意味がない形式なので、指名があって良かった。
そして、結果は予想通りランクBアニオタとカップル成立。今回参加した中でも可愛い方であり、中間発表でも参加者の半数がライバルだったので、オタのアドバンテージがなければ確実に負けていたことだろう。
とは言え作戦勝ちなので、ただのラッキーパンチと言うわけでもない。
帰りにどこか行くかと聞くと「予定がある」と言われたので連絡先を交換して駅で別れる。

反省点

指名がもらえなかった原因で思い当たるのは、声のトーンが低かったことと、笑顔が足りなかったこと。
分かっていながら出来ていないことなので、一度徹底したい。
あとは、先日のセミナーで指摘された姿勢や声質も改善の余地がある。声質は時間がかかりそうなので、まずは姿勢。これも短期改善は難しいのだが、普段から意識する癖をつける。