読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moflのリア充への道

恋愛・仕事・ゲーム・アニメのブログ

本日のアポ(28歳販売員)

恋愛 デート

4月にM氏のパーティで知り合ったランクBの女。

女はGWも仕事だったので、すぐにアポが取れず、その後一度約束するも前日にドタキャン。その後は引越でバタバタしてようやく今回実現。

というか実は今回も待ち合わせ時間直前に「宅急便がなかなか来ないから明日にして」などとふざけたことを言われたが、もう向かっている以上引き下がれないのでなんとか強行突破した。

店は昨日と同じ。

店員に「この人、昨日と違う女の子連れてる」と思われたと思うととても気分が良い。なんだか少しリア充に近づけた気がする。

そして、昨日に引き続き、質問がない。

しかも、こちらが沈黙しても何も話してこない。疲れる相手だ。

だが、外見は直近2年くらいアポった中では一番良いので、正直、テンションは上がっていた。

というのも、M氏のパーティではランクAがうようよいたため、この子のことはあまり可愛いイメージがなかったのだ。

しかし、パーティの外で見れば、普通に可愛い女の子だったのである。

これは昨日に引き続き、嬉しい誤算である。

なので、女に色んな話を振って、フックを探す。すると、恋愛話を振ったところで、女がベラベラと話し始める。

タイプ的には押しに弱いが、警戒心が結構強い印象。

ちなみに今回は仕事の話でステータスを上げるエピソードを軽くしており、冗談っぽい好意や、軽いスキンシップによるチェックも実施。

ノリは良いので普通にユニークを出せたため、冗談っぽい好意は自然に出すことが出来た。

しかし、女の反応が悪い。

聞けばセフレ的な男がいるらしく、そいつにハマってしまっているらしい。

まあ1対1で会っているので印象は悪くはないと思うが、こちらへの興味の度合いは低そうなので、ハンドチェックなどは逆効果になりそうと判断。

セフレの男はタイプだったらしく、すぐに既成事実を作ったそうなので、好意のレベルが一定値を超えていれば割と短期間で落ちるタイプなのだろうが、いかんせん私への好意はまだ低そうなので、攻めるに攻めれず。

とりあえず、今回も次回アポの約束をする雰囲気ではないので、様子を見ることにした。

 

反省点

昨日のアポにも言えることだが、なんでこう落としにくい特殊な女ばかり来るのだろう。

この二人相手に、やり方を変えれば、即ゲット出来るルートはあったのだろうか。清水さんはアポまでいければほぼ確実にゲット出来ると言っていたが、この二人に対しての正しいルートがあるのであれば知りたいものだ。

さて、反省点だが、初めからもっとチャラい雰囲気を出し、弱みに付け込んで勢いでゲットというのが一番ありそうなパターンなので、今後はまじめさを出しつつも、基本キャラをもっとチャラくしていく必要がありそう。

チャラくなればなるほど、まじめさのギャップが出る。

翌日早いと言われても、ストのようにユニークで理由を相殺していくやり取りをしていくことで、最終的なオファーを通す努力をする。