読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moflのリア充への道

恋愛・仕事・ゲーム・アニメのブログ

昨日の異業種

以前、パーティで知り合った男と久々に異業種交流パーティへ参加してきた。
大手業者の大人数パーティなので、服装はインパクトのあるものをセレクト。

今回は早めに会場入りし、まだ女がほとんど来ていない状態。

私がクロークへ荷物を預けている間に、パートナーは早速一人で来ている女へ声かけしていた。
そこで、私は別の女二人組へ声かけ。
当然キャラはまじめ系。
相手はランクBとランクCの二人組。
他に女がほとんどいなかったので、2、30分くらい使ってじっくり番ゲした。
ここ最近、異業種でのアポのオファーは成約率があまりにも低いので、今回は飲み会のオファーを試したところ反応は良好。

その後、女と別れてパートナーを見ると、最初の女とまだ話していたので一人で会場を散策。
気づけばかなり人が増えていて、空いている人はちょこちょこいるものの、満員電車レベルの混み具合のため、みんな居場所を求めて移動していたり、ぐったりしている感じで、声かけのハードルはやや高め。
何組か声をかけてみたが、全然会話にならない。
さらに、スタッフのマイクパフォーマンスが始まり、うるさくて会話がしづらく、ハードルはさらに上がる。

こういうときは二人で声をかけた方が会話が続きやすいので、一周してパートナーの元へ戻ると、まださっきの女と話している。
肝心なときに戦力にならない。
仕方がないので、再び会場を散策。

すると、知らない男に肩を叩かれる。
一体何かと思いきや、よく見るとボンバー功さんだった。
RDCの活動で来ているらしく、久々に話して、その後二人で声かけをした。
せっかくの機会なので、パーティで一番レベルの高い女へ声かけ。
ボンバーさんがいたせいか、無視されることなく、すんなり会話が進んだが、「一緒にドリンク取りに行こう」と誘われたり、明らかにパーティ慣れしている様子。
後半は「ドリンク取りに行くから荷物持ってて」と言われたり、本性が見えてきたので、その場を離れ、会場を散策。

その後、パートナーの元へ戻るが、なぜか会場のどこにもいない。
そして、目をつけていたランクB二人組が空いていたので声かけ。
片方の女が明らかに反応悪かったので、反応が良い女を中心に会話を回す。
20分程話して番ゲし、飲み会オファーをして別れる。

その後、携帯を見ると、パートナーからLINEが入っており、話していた女を連れ出したとのこと。
戦略的には間違っていないが、こういう混んでいる会場では出来れば協力してほしいと思う。
混んでいる会場のときは、こういうケースも踏まえて3人以上で参加するのが無難かも知れない。

さて、久々に参加して思ったのは、トークが普通過ぎて強いフックを与える要素がないこと。
ジムへ通っているくらいじゃ普通だし、出版社もそれほど強いインパクトはない。
そして、もう一つはライバルの容姿が高いこと。
ボンバーさんは女からイケメンと言われていたし、やはり異業種では容姿がかなり重要。

顔は正直、肌の手入れや美顔器を使ったところで対して変わらないので、現実的には、髪型や帽子、メガネなど、顔以外の印象値を上げていくしかないと思う。

髪型は縮毛強制でいくのかパーマでいくのか、そろそろ自分の良さを最大限に活かせる着地点を見つけたい。