読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moflのリア充への道

恋愛・仕事・ゲーム・アニメのブログ

最近見たアニメ

ハイキュー!!

 

ベイビーステップと同じ土曜夜枠で放送されていた少年誌掲載中のスポーツ漫画。

ベイビーステップの出来が良過ぎたせいか、正直あまり期待はしていなかったのだが、いざ見てみると、さすがは少年ジャンプ掲載中の漫画だけあり、非常に面白い。

第一話でいきなり引き込まれる展開はさすが。

影山が日向のスパイクにピンポイントでボールを合わせるシーンは非常に見応えがあった。

次々と魅力的な登場人物が増えていき、次々に強豪と戦っていくという図式はやはり王道で、見ていて引き込まれる。

2クールしかやらなかったのが残念だが、引き続き、コミックやジャンプ本誌で見続けていくつもりだ。

この2クールのアニメの評価としては8。

非常に見やすいアニメなので、誰にでも薦められる作品。

 

あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない

 

一年半くらい前、再放送を録画したきり、ずっとお蔵入りになっていたアニメ。

お笹馴染みの6人が、うち一人の事故死をきっかけにバラバラになるが、大人になってから、死んだお笹馴染みの亡霊が現れ、それをきっかけに、バラバラになった仲間が徐々に一つになっていく。

愛あり友情ありの正統派ファンタジー。

 

主人公にだけ亡霊が見えるというSF要素や、それを仲間たちに信じてもらえないジレンマなども、十分に読者を引き込む王道的な要素ではあるが、各キャラクターのやり取りを始め、その人間関係の描き方が絶妙で、気づけばどんどん引き込まれていく。

お笹馴染みに言われて仕方なく学校へ行くシーンや、久し振りに一緒にゲームをするシーンなど、良いシーンを挙げればキリがないくらい。

最終回は、非の打ち所がない終わり方で、久々にがっつり涙を流した。

こんなに泣いたのは、直近の彼女と別れたとき以来。

ここまで涙を流せる作品はそうないので、非常に高評価。

強いて言えば、題名にある「花」の意味がよく分からない。

最後のエンドロールで、主人公が花について「結局あのとき見た花は・・・」というような言い回しで触れるのだが、作品中に一度も花が出てきていないので意味不明。

私が見逃しただけだろうか。

調べたところ、劇場版があるらしく、劇場版はかなりの動員数を記録したとのこと。

基本的にはアニメの総集編だが、アニメ未公開シーンもあるそうなのでぜひ見てみたい。

王道的な土台に、しっかりとしたキャラクター、ストーリーと、その描き方、つまりはアニメ化の技術が素晴らしく、感動要素まである作品なので、評価は文句なしの9。